低刺激スキンケアで肌を変えるブログ

自身のアトピー性皮膚炎の経験から化粧品の開発・販売を始めました。

思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?

「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の違いとは?

 ニキビは性ホルモンの分泌が盛んになる思春期にできはじめ、25歳頃までには消えてなくなるのが普通でした。

ところが近年の傾向として30歳代になってもニキビに悩まされる女性が増えています。

俗にいう大人ニキビです。

 

思春期ニキビは主に皮脂の過剰分泌によるものなので

額や鼻などいわゆるTゾーン中心にでき、手入れも肌を清潔に保ち、過剰な皮脂をコントロールすることが中心です。

 

これに対して、大人ニキビはUゾーンにもでき肌の問題だけではなく、

生活習慣によるところも大きいのです。

 

・女性の社会進出にともなうストレスの増加

・睡眠不足によるホルモンバランスの乱れ

・不規則な生活や食事の西欧化と偏った食生活

・化粧品の誤った使用法

 

これらが原因で大人のニキビを増やしていると考えられています。

 

 

大人のニキビを予防するにはまず生活習慣を見直しましょう。

その次に肌のスキンケアの仕方です。

 

大人ニキビに悩んでいる人の多くが

肌が乾燥していることが多く、角層のバリア機能の低下に原因があります。

角質機能を維持するスキンケアが大切であり、水分補給を中心とした保湿ケアを心がけることが必要となります。

 

 角層のバリア機能について

 

角層の水分は皮脂膜・天然保湿因子・角層細胞間脂質の働きによって

15~20%に保持されています。

 

その中でも角層細胞間脂質は細胞の間を埋める脂質で、細胞と細胞をつなぐ役割を果たしています。

細胞間脂質は水になじむ部分と脂になじむ部分が交互になった層状構造(ラメラ構造)になっており

それらで挟み込むようにして水分の蒸発を防ぎます。

 

この細胞と細胞をつなぐ役割を果たしている角層細胞間脂質の成分の約50%が

セラミドと言われています。

そのためセラミドを補給できるスキンケア用品が肌の乾燥を防ぎ、守ってくれるのです。

 

この時期は特に乾燥が進み、肌のバランスが良くないな~と思っているかたは

ぜひセラミド配合の化粧品をオススメします。

大人ニキビが増えてきた・大人ニキビがなかなか治らないという方!

まずは保湿を見直してみませんか?

 

f:id:hoshituko1:20180720112121j:plain

hoshituko.thebase.in

 

 

本日も読んで頂き、ありがとう御座いました!
ランキング参加中です!よかったらポチっとお願い致します!

 

にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ
にほんブログ村