低刺激スキンケアで肌を変えるブログ

自身のアトピー性皮膚炎の経験から化粧品の開発・販売を始めました。

アトピーには保湿が大切!保湿出来るスキンケアの選び方!保湿剤!

アトピーには保湿が大切です。

 

その理由は、アトピーの人は肌がもともと弱く、乾燥もしやすく、皮膚バリアも薄いです。湿疹用の塗り薬を塗る前に、まずは肌の状態を保湿剤を使って整える必要があります。


まずは、化粧水タイプのものです。

これは、オールシーズン使用可能です。

夏はあまりベタベタするものを使うと、汗をかいてさらにかゆくなってしまいます。

かと言って何もつけないと皮膚バリア機能が低下して、悪化します。

あせもなのかアトピーなのかわからないほどひどくなってしまうこともあります。

 

 

ベタベタしないのにしっかり保湿出来る化粧水やジェル

f:id:hoshituko1:20180713162956j:plain

ninau55.wixsite.com

 

 


冬は化粧水タイプのものをとりあえずお風呂上りに塗っておくことができます。お風呂上りは水分が蒸発しやすく、何もしないとすぐに乾燥肌になってしまいます。

軽いアトピーの場合は、化粧水タイプがあればオールシーズンそれだけで十分な場合もあります。

スプレーするものは塗りやすく、早く全身を保湿できるのでおススメです。

 


次にクリームタイプです。

クリームタイプには、さまざまな成分がありますので、乾燥の度合いに合わせて購入するといいです。

油分の多く含まれているものは、ガサガサしているところに塗るために販売されています。

冬はただでさえ空気が乾燥しているために手や足にひどくガサガサする箇所がでてきます。

そういう部位には「これは油ではないか?」と思われるほど油分の多いものを塗るのも手です。

 


普通のクリームタイプのものは、化粧水タイプのものに重ねて塗れるようにも配合されています。

乾燥が気になるときだけ、クリームタイプを塗ってもいいです。

女性が顔のケアをするのと同じような感じで、アトピーは全身をケアしていきます。

 


とは言っても、アトピーが重度である場合には、皮膚科の先生の指示を仰ぐようにしましょう。

皮膚科の先生は患者さんの肌を直接触って、乾燥の度合いや皮膚の状態を確かめてくれます。

患者さんそれぞれに肌の状態は違いますので、症状に合わせて保湿剤を処方してくれます。

 

 

最近では、殺菌効果のある保湿剤があり、かゆみにも効果があります。ひどく掻いてしまって傷ができているところに処方された保湿剤を塗るとしみて痛いです。

そのためにかゆいところが痛くなり、掻くことが少なくなります。

 

クリームタイプでも、塗り広げやすく作られているものもあって、とても重宝します。保湿剤も、冷蔵保存しなければならないデリケートな薬剤もありますので、医師の指示に従って保管するようにしましょう。

 

ランキング参加しています。

宜しかったらクリックお願いします(^^)↓

 

 

にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ
にほんブログ村